TOKYO ART
& ANTIQUES

東京 アート アンティーク 〜日本橋・京橋美術まつり 2018

4.26( 木 ) , 4.27( 金 ) , 4.28( 土 )

浦上蒼穹堂

Uragami Sokyu-do Co.,Ltd.

103-0027 東京都中央区日本橋3-6-9 箔屋町ビル3階

TEL: 03-3271-3931 »電話する
FAX: 03-3271-3784

営業時間: 10:00 - 18:00
定休日: 日曜・祝日

English


店舗紹介

浦上蒼穹堂は、東洋古美術の専門美術商で、1979年(昭和54年)4月東京日本橋に設立されました。創立者である代表取締役浦上満は 1951年生まれ、大学卒業後、古美術界の老舗<繭山龍泉堂>に入社、5年間の修行後、独立して日本橋三丁目に<浦上蒼穹堂>を構え、今年で38年を迎えます。屋号の「蒼穹堂」は作家の故立原正秋氏の命名で、今でも直筆の扁額が店に掲げられ、その由来は氏のエッセイにも著されています。中国、朝鮮半島、日本の古陶磁を主に取扱い、他に金属器、漆器そして浮世絵なども扱っております。

開業以来数多くの展覧会を企画、主催し、コレクター、美術館関係者、作家など各方面に大きな反響を呼び、美術雑誌をはじめ、多くのメディアに度々取り上げられてきました。

また、そのつど作成した展覧会カタログも内外の研究者から学術的にも高い評価を得、サザビーズ、クリスティーズなどのオークションカタログにたびたび作品 解説の参考文献として引用されています。国内の美術館、博物館の企画展にも協力、出品依頼が多数あり、例えば1994年東京国立博物館で催された「中国の 陶磁」展には全343点(国宝3点重要文化財30点を含む)中、42点を出品協力しました。個人コレクターを主眼におきながらも、東京国立博物館、大阪市立東洋陶磁美術館など国公立の美術館や、出光美術館はじめ財団法人の美術館やアメリカの美術館にも数多く作品を納めてきました。

ニューヨークで開催されたアートフェア(インターナショナル アジアン アートフェア)に11年連続参加出店したり、国内では東京美術倶楽部の東美特別展、東美アートフェアそしてアートフェア東京(於:東京国際フォーラム)にも参加出店しております。

取り扱い内容:中国、朝鮮半島、日本の古陶磁および金属器、漆器など。浮世絵(特に北斎)。

東京メトロ銀座線・東西線 日本橋駅から

B1出口より銀座方向に直進、3本目の通りを左折。つきあたり右手のビル。

JR東京駅から

東京駅八重洲中央口より八重洲通りを直進。中央通りを左折して2本目の通りを右折。つきあたり右手のビル。

<東京 アート アンティーク中の過去の企画展・イベント>

北斎と南京赤絵  (終了)

浦上蒼穹堂

2017年4月14日(金)- 4月15日(土)

昨年は「古染付と北斎漫画」をテーマに陳列しましたが、大へんご好評をいただきました。 今年は北斎の展覧会が日本、イギリス、イタリア、オーストラリアで催され、北斎ブームが巻き起こっています。浦上蒼穹堂もそれぞれの展覧会に出品協力いたします。今回は北斎の版画と南京赤絵をテーマに展示いたしますので、ぜひお越...

古染付と北斎漫画  (終了)

浦上蒼穹堂

2016年4月14日(木)- 4月16日(土)

明時代末期(17世紀初頭)に景徳鎮の民窯で制作された「古染付」は江戸時代を通じて大量に日本にもたらされました。その自由で奔放な作行が日本人の心に響いたのでしょう。一方、葛飾北斎によって描かれた「北斎漫画」は幕末明治期に大量にフランスに渡り、ジャポニスムの端緒となり印象派の画家にも大きな影響を与えまし...

「北斎漫画」展  (終了)

浦上蒼穹堂

2014年4月24日(木)- 4月26日(土)

自らを「画狂人」と称し、90年に及ぶ人生を画業一筋に歩んだ葛飾北斎。 有名な「冨嶽三十六 景」と並んで代表作といわれているのが「北斎漫画」です。 浦上蒼穹堂代表・浦上満氏は、学生時 代より「北斎漫画」を蒐集し、現在そのコレクションは質量ともに世界一といわれています。 その中から摺りが早く...
Go to Top