襤褸(ぼろ) (終了)

襤褸と書いて"ぼろ"と呼びます。今 、襤褸は"BORO"と表記されて世界の市場でも愛好家たちに求められています。江戸時代以前、極寒の冬でも麻の衣服や寝具で過ごすしかなかった北陸、東北地方の人々にとって暖かい南の木綿が北前船によってもたらされたのは僥倖でした。同じく南に生える藍で染められたこれらの綿布は刺し子という技法で強化されたり、穴があくと継ぎを当てたり、ボロボロになるまで使い込まれ、なおかつ裂き織りという形で、布の命が尽きるまで大切にされました。慎ましい生活の中で育まれたこれら希少な布の奥深い心が見る人の胸を打ち、なおかつ抽象絵画のような造形美が愛好家を増やしています。

〒104-0031 東京都中央区京橋3-7-10 東宣ビル1F 03-3561-8225 11:00 - 19:00 日曜