笹本正明(日本画·无所属)泷泽具幸(日本画・创画会)以广田稔(洋画·白日会)为中心举办展览。另外画廊创立纪念展将举办横山大观、前田青果、安田美彦等近代巨匠展。今年将在创立30周年举办“近代巨匠展”。 e-mail:1486chiyoharu@win.email.ne.jp

本画廊旨在云集活跃在第一线的新锐艺术家作品,超越艺术·工艺的界限。举办过多次展览。敬请欣赏具有这个时代特征的艺术家的作品。

Maison de neko画廊是位于京桥一带小巷里的木造房屋二楼。以「生生不息之物」为主题用于租赁,举办企画展。经营的艺术范围很广,包括绘画、工艺、写真等。营业时间根据展览情况变化,烦请大家来店前先确认店铺信息。*星期五〜星期二、基本营业时间为12:30〜19:00。

東京藝大を卒業したダブルイメージによる作品の近藤守、 花柄を中心とした作品の楚里勇己、 俯瞰による風景や道端の草花を題材とした作品の長澤耕平、 シンプルな構図に淡い色合いによる作品の安原成美の4 人による若手日本画展。 (2019-2-1)

片口の絵の流れは具象に始まり、現在のアクリルによる「黒の円」だけの大画面に発展しました。作為と虚飾を嫌い、形態と色彩を極力排して、最も身近な「黒の円」の世界で観る側に問いかけてくるのです。その制作態度は、禅僧が静かに坐禅をし続ける姿を連想させます。どうぞご高覧いただきたいと思います。 (2019-2-1)

山を主題に、登山(フィールドワーク)により蓄積された体感(リズム)を共鳴(リミックス)させ、新たな絵画のあり方、存在の可能性を模索しています。    1996年 長野県生まれ 2018年 東北芸術工科大学 芸術文化専攻 日本画領域 入学           公益財団法人クマ財団 奨学生 2期生    <個展>2017年 若手作家公募個展「トライアル・ギャラリー2017」(長野県 伊那文化会館) 2019年 個展(東京都 アートフロントギャラ... (2019-2-1)

我在创作时,经常从三个领域进行感知创作。在画面里理应不存在的假想空间性,画面表面存在的色彩和形状的平面空间,以及画面另一面存在的具有质量的素材的物质性,在这些相互关联的同时,作品会走向无法预测的方向,不是信息也不是物质,自己作品的中会产生超越语言的一种错觉。 (2018-2-15)