昨今、普段の食卓に古陶磁(古い陶磁器)を上手に取り入れたいという人が増えています。飾ったり、コレクションしたりすることも古陶磁の楽しみ方の一つですが、日本橋にある前坂晴天堂では、地元アートイベントで大人気の「普段使いの古伊万里展」など、“使い手”の視点に立った企画で古伊万里の魅力を伝えてきました。そんな前坂晴天堂の店主・前坂規之さんと、前坂さんの協力者であり応援者である空間コーディネーターの佐藤... (2020-4-25)

江户时代,十七世纪 直径14.2厘米,高度1.8厘米 最初,九谷小碟子的宝石采用新颖的设计,刻意将铭文刻在船只的中央,而奇怪的设计是使用九谷的三色画在其周围画一个圆线句子 。在背面,使用红色绘制了红松针图案,碗背面的铭文是“太明”。 (2020-4-25)

江户时代,十七世纪末 长直径19.3厘米,高度8.8厘米 柿右衛門(Kakiemon)大门的宝石,在美丽的乳白色底座上称为“Nigoride”,在上面绘制带有笑脸图案的狮子和珠子。狮子的身上覆盖着红色和美丽的皮毛,散发出强大的能量,看起来像燃烧的火焰。在碗的侧面,绘制了一个宝藏设计。 已修复 (2020-4-25)

江户时代,十七世纪末 直径18.5厘米,高度3.3厘米 到了高龄的柿木卫一华丽的圆形花板,用模具塑造成山脊花。将鸟的翅膀放在从太湖石上伸出来的竹子上的鸟的外观是睁大眼睛的鸟的外观,以及看起来依附在弯曲的竹子上的鸟的外观。 依此类推,它一直在微笑,而且非常可爱。 (2020-4-25)

前回は、リビングやダイニングなど、家の中のくつろぎ空間をイメージして佐藤由美子先生にコーディネートいただいた写真を公開しました。  今回は、佐藤由美子先生が自然豊かなご自宅で撮影した春らしいコーディネートをご紹介します。自由にアレンジ、コーディネートをお願いしたところ、和のテイストが強い器類がなんともモダンに仕上がりました。敢えて、和菓子を使用せず、それぞれの色合いが引き立つバランスで爽やかな春... (2020-4-12)

アートのある素敵な空間 食卓に、サイドテーブルに、玄関に、ちょこんと好きな作品を置いてみる。全体の色を作品を使って統一してみる。それだけで場が引き締まったり、エレガントになったり。毎日目にする空間だからこそ、素敵だと思える演出をして一日一日を大切にできたらいいですよね。 今回TAAでは、参加店に会場と作品をお借りして、空間コーディネーターの佐藤由美子氏に、素敵なアートのある空間をコーディネートしてい... (2020-4-8)

日本の色絵磁器の最高峰のひとつ、古九谷を10点ほど精選し、特集を組みます。古来、愛好家を魅了してやまない、素朴で雄渾、かつ繊細な美の世界をぜひ、ご高覧ください。 (2019-2-1)