今回は、当店として初めて、江戸から明治、大正時代にかけての、日本やボヘミアなどの切子や、その他のガラス製品、特に酒器が大好きな店としては、お酒に使える器を中心にして展示をしてみようかと思います。 皆様の、ご来店を心よりお待ちしております。 (2019-2-1)

师从陶艺界的先锋隐崎隆一先生。独立后,以独特的风格继续进行创作。作品主要风格突出对比强烈的红、黑的边缘、金银,窑变等强烈的视觉感,极具强烈的个人风格。 作家寄语没有一定要坚守什么,就像永远无法踏入同一条河流一样,时间不停变换。接受黑暗,光明和变化。在作陶方面,我尝试表现不被束缚的自由灵魂酒器 茶碗 陶板 花器 材料 (2019-2-1)

展示了辻村史朗的“花器和酒器”。从粉印这类大的花器到小的器皿,一应俱全。酒器有品尝威士忌和烧酒尺寸的粉印新系列,织部、伊贺、信乐等种类丰富。敬请光临。 (2018-2-15)