Published: 2021-5-16

Kyobashi and Nihonbashi Art gallery map was published.

先日、京橋から日本橋3丁目エリアの美術商を網羅した『骨董通りマップ』が発行されました。

発行は戸田建設株式会社で、京橋1丁目に建設中のTODAビルの低層階に文化施設ができることもあり、京橋の文化的な側面から魅力を発信したいということが目的です。

数年前から東京アートアンティークの店舗を回りながらリサーチを重ねられており、今回、京橋を美術の街として掘り下げる作業として、マップ制作に挑まれました。

東京アートアンティークも微力ながら、ご協力させていただきました。

東京アートアンティークの恒例のアートマップは、参加店だけの掲載ですが、『骨董通りマップ』は、東京アートアンティークではご紹介できなかった店舗も数多く掲載されており、なおかつ歴史的なトリビアも満載です。

中でも『骨董通りの由来』について言及しているのはこのマップだけではないかと思います。多くの地元の方々や美術商さんたちとお話をされてきたことが窺えます。

可愛らしいデザインで、サイズもハンドバッグにも入れやすいコンパクトな作りになっています。

5月19日(水)中央FM「ハローラジオシティ」(84.0 12:00〜)でも、ご紹介されることになりました!TAA広報担当も同席させていただきました。京橋のお隣、銀座でも『画廊の夜会」パンフレット、『銀座 アクセシブルガイド』が出来上がったりなど、このような状況下ですが、まだまだ元気!

http://fm840.jp/index.html

TAAは今年も中止となりましたが、緊急事態宣言が解除されれば、営業をしております。皆様の都合の良い季節に美術巡りを楽しんでいただければ幸いです。

(営業時間帯は変動している場合がありますので、店舗へご確認ください)