Tokyo Art & Antiques will hold a collaboration event "LIFE WITH KOGEI" with "Hale marche", a sister brand of "Art & Craft Market", from 4/24 to 4/28 at Nihonbashi Galleria Community Space.  The Nihonbashi Galleria Community Space will be an information base as well as a workshop space and craft sale space of artists.  <participants> Mokkei & Maison de neko Memorys Gallery Kei ... (2019-4-16)

荒川正明    私がやきものに興味を持ちだしたのは、学生時代からです。大学で専門にやきものを学んだことはなく、単に大学のサークル活動がきっかけで、あくまで遊び半分でした。史学部というサークルは、当時、根津美術館の奥田直栄先生が顧問をされ、戦国時代の城郭跡などの発掘調査を中心に活動していました。茶道史や陶磁史に詳しい奥田先生は、中世から桃山時代にかけての陶磁器の年代観を確立するために、中世城郭跡など... (2018-3-8)

矢島律子 町田市立博物館学芸員 こうして、「中国陶磁うつくし」展準備を始めた頃、関係者からなんか面白い仕掛けを考えろよと言われ、悩んでいたところ、東京国立博物館の三笠景子氏からそのころ東洋館では中国陶磁の特集展示をしますよと情報をいただき、じゃあなんか繋がろうよということになり、相互の講演会への協力とか、広報協力とか考えました。さらに、もっと街に出ようよ、ということになって、東京アートアンティー... (2016-2-24)

 平成2(1990)年4月に私が壺中居に入社してから、早や四半世紀の時が経ちます。その翌々年11月のこと、故・小山岑一先生(1939-2006)の作陶展を開催し、初日夕方にオープニングレセプションを行うべくぼちぼち諸準備をしていますと、或る紳士が風呂敷を抱えてひょっこり御来駕され、「岑ちゃん、つまらんもんですが、今晩使ってくださいな!」と解かれた風呂敷の中身が実に立派で美味しそうな握り鮨の大桶なのでした。小山... (2015-3-25)

伊賀芳子さん ——ここ京橋に、銀座から移転されたんですね。 伊賀 この場所にオープンしたのが2013年5月だったので、前回の東京アートアンティークには間に合わず、今年が初参加です。京橋は先代の小関文吾社長が孔雀画廊を創立された地です。いいところですね。貸し画廊もあって学生や若い方が借りて個展を開いていらしたり、現代アートもあったりで見に行くのが楽しいです。 ——伊賀さんが画廊のお仕事をされるようになったき... (2014-4-26)

西川英治氏 Q)今回西川さんは京橋 Art Safari に参加されるということですが、どのような作品を出品されるのですか? A)そうですね、中国には古くから動物をモチーフにしたものはたくさんあるのですが、今回は象と鳥と鳳凰と虎ですね。鳥はこのカップアンドソーサーなのですが、東インド会社が紅茶をヨーロッパに貿易で持っていきますが、そのお茶飲み用のカップで、中国に発注してヨーロッパに輸出したものなんですね。カップ... (2012-4-5)