川島公之   僕が入社した30 年前頃には、叩き上げの目利きの先輩方がたくさんいた。龍泉堂の大番頭であった杉山定敏さんもその一人で、あれは入社して3 か月目を迎えた頃であろうか、当時の高橋三朗社長から、「今日は杉山さんが来るから、キミ、よく見ていなさい」と言われた。どんな人が来るのだろうかと店の入口で待っていると、70 歳を超えたくらいの爺さんが入って来た。僕の顔をじろっと見るなり「おい、誰だよ」と言うの... (2019-3-1)

The 2017 Tokyo Art & Antiques Festival was held for 2 days in Nihonbashi and Kyobashi area where the cherry blossoms still bloomed in a great spring weather.  This year, the participating galleries reached 86 galleries, which is 7 more than last year, and 56 galleries held exhibitions to welcome visitors. The number of visitors varied from gallery to gallery, but there were around 250 visit... (2017-4-29)

東京アートアンティーク2016  特別企画座談会を開催2日目のの4月15日(金)18:30より開催いたしました。会場はコートヤード・バイ・マリオットステーション4階の会議室、シティカンファレンスで、予想より多くの方にお越しいただき、席もほぼ満席となりました。この座談会のゲストである町田市立博物館学芸員の矢島律子氏と常盤山文庫主任学芸員の佐藤サアラ氏、東京アートアンティーク参加店である繭山龍泉堂の川島公之氏の司... (2016-5-10)

 日本橋1~3丁目にかけて、目下大掛かりな再開発プロジェクトが進行中で、2020年オリンピックまでに街の風貌と人の流れが相当変わることと予想されます。昼間は建設関係各位が闊歩する3丁目界隈も夜間は至って静かなもの、却って静か過ぎて怖いくらいです。 私は壺中居に入社してすぐに同店舗内に住み込みを始めて、結婚するまで丸5年間「日本橋居住者」を体験しましたが、今でも当時に帰った「悪夢」をたまに見ることが... (2015-2-9)