創業1905年(明治38年)、東洋古美術の老舗です。

DOGU -土偶いろいろ-

2018年4月26日(木)- 4月28日(土)

土で人物や動物の像をつくり焼成した「土偶」は、古代において様々な国で制作されました。日本では、縄文時代の「土偶」や古墳時代の「埴輪」が有名で、中国では「俑」と呼ばれ、古代中国を代表するやきものとして知られています。この他にもアジアの広い地域でつくられていますが、それぞれ土偶の持つ意味は深く、それは当時の人々の宗教観や、階級社会を背景とした死生観を反映しています。此の度は、世界の各地でつくられた土偶の世界の一端をご紹介いたしたく、その魅力を感じて頂けましたら幸いです。

● ギャラリートーク

2018年4月27日(金)・28日(土) 午後3時~

『 DOGU -土偶いろいろ- 』

ギャラリー・トーク 川島公之「DOGU -土偶いろいろ-」

2018年4月27日(金)- 4月28日(土) 午後3時~

「DOGU -土偶いろいろ-」の展示品を実際に鑑賞しながら、繭山龍泉堂の代表取締役 川島 公之がギャラリー・トークを行います。

土で人物や動物の像をつくり焼成した「土偶」は、古代において様々な国で制作されました。日本では、縄文時代の「土偶」や古墳時代の「埴輪」が有名で、中国では「俑」と呼ばれ、古代中国を代表するやきものとして知られています。この他にもアジアの広い地域でつくられていますが、それぞれ土偶の持つ意味は深く、それは当時の人々の宗教観や、階級社会を背景とした死生観を反映しています。此の度は、世界の各地でつくられた土偶の世界の一端をご紹介いたしたく、その魅力を感じて頂けましたら幸いです。

● ギャラリートーク

2018年4月27日(金)・28日(土) 午後3時~

『 DOGU -土偶いろいろ- 』

過去の企画展・イベント

Google Mapで開く