Loading...

荒木十畝 『狗児図』

荒木十畝(あらきじっぽ、1872年10月5日(明治5年9月3日) - 1944年(昭和19年)9月11日)は、日本画家。長崎県大村生まれ。

いわゆる「旧派」の代表的人物と目され、技術偏重で伝統を墨守した画家だと思われがちである。確かに初期の作品はそうした傾向にあるが、十畝は「守旧漸進主義」を掲げて伝統を基礎とした新しい日本画の創造に取り組み、象徴主義的作風から、やがて精神性を強く打ち出した優美な絵画世界を構築した。

画寸 32×51cm  軸寸 129×64.5cm 共箱

参考価格:¥350,000

ホームページ

メールで問い合わせ
電話で問い合わせ
〒104-0031 東京都中央区京橋2-5-18 京橋創生館1F
平日11:00 - 18:00 土曜・祝日(会期中は開廊)