Loading...

松本亮平「秋塘群雀図の中の猫」

サイズ:SM
素材 :アクリル、板

 

早稲田大学先進理工学部で電気・情報生命工学科を学んだ異色の作家です。自身が興味を持ち大学院で専攻した生命科学を意識しながら、生き物たちが不思議に絡み合う物語画によって、現代社会を象徴する作品を制作しています。2019年の日動画廊主催の「第 54回昭和会展」での「昭和会賞」受賞や 2016年の「第12回世界絵画大賞」で「遠藤彰子賞」を受賞する期待の作家です。2018年からは韓国、台北、マレーシア、パリのアートフェアに出展するなど国内に留まらず、国際的にも活動の幅を広げております。作品は伊藤若冲の「秋塘群雀図」を引用し、登場する猫は彼の愛猫。

 

作家ホームページ:https://rmatsumoto1.wixsite.com/matsumoto-ryohei

参考価格:¥70,000

ホームページ

メールで問い合わせ
電話で問い合わせ
@meizondeneko888
maison.de.neko/
@maison_de_neko
〒104-0031 東京都中央区京橋1-6-14 佐伯ビル2F
12:30 - 19:00(TAAイベント中は12:00 - 18:00) *日曜・最終日は17:00まで 水曜、木曜(イベントにより変更あり)