コプトとはキリスト教徒化したエジプトの人々を表す言葉です。3世紀から12世紀の間に栄えた文化の中で綴織を主とした織物をコプト裂と呼んでおり、人物や動植物図など種類も多岐に渡り、海外でも人気があります。今回はコプト裂を額装の物から残欠まで100点程集めました。残欠... (2018年 2月 5日)

粋な 動物、人物、山水、等々の 江戸絵画 お洒落で斬新なデザインの重箱、お椀、等々の蒔絵工芸品 (2018年 2月 5日)

土で人物や動物の像をつくり焼成した「土偶」は、古代において様々な国で制作されました。日本では、縄文時代の「土偶」や古墳時代の「埴輪」が有名で、中国では「俑」と呼ばれ、古代中国を代表するやきものとして知られています。この他にもアジアの広い地域でつくられていま... (2018年 2月 5日)

独学で単身フランスに渡り、研鑽を積んだ写実の鬼才 柳田補。 たぐいまれなる描写力にて描き出された、人物、静物、風景画を約20点展観いたします。柳田補渾身の都内では3年ぶりとなる個展です。 ぜひご高覧くださいませ。 (2018年 2月 5日)

「DOGU -土偶いろいろ-」の展示品を実際に鑑賞しながら、繭山龍泉堂の代表取締役 川島 公之がギャラリー・トークを行います。 土で人物や動物の像をつくり焼成した「土偶」は、古代において様々な国で制作されました。日本では、縄文時代の「土偶」や古墳時代の「埴輪」... (2018年 2月 5日)

挿画本「魅せられし河」は、1951年、フジタの65歳の誕生日を記念して発刊されたものです。フジタは生涯を通して多くの版画を制作し、当時の版画手法(木版・銅版・リトグラフ)を用いていますが、なかでも銅版を好んで用いています。銅版の中のエッチングの技法によって... (2016年 3月 15日)

スペイン在住の画家・大原立司による新作展 スペインのまばゆい光の中で風景や人物を生命力あふれる鮮烈な色彩で描いた新作油絵、パステル画約40点を展示。 (2014年 3月 1日)

井上雄吉氏 Q)今回の陶枕についてお聞きしたいと思います。ほとんど売れてしまったと聞きましたが...。 A)色々とわけあってある美術館のコレクションを私の所で扱うことになったのですが、今回作った図録に載せた陶枕はアートフェア東京でその全点数のほとんどがご売約になりま... (2012年 4月 5日)