飾り金具 紀元前3世紀〜5世紀 青銅 L-8cm . w-7cm (2020年 5月 2日)

パキスタン  バロチスタン地方  紀元前2500年紀 胴体補修有り H-9.9cm (2020年 5月 2日)

銀4ドラクマ  紀元前454ー404年間 ギリシャ・アテネ   表面 ヘルメットを被ったアテナ女神の横顔 アテナの頬にアラビア発行を示すマークがあります。 裏面 アテナ女神の動物としての梟、その後ろに三日月とオリーブの芽。碑文 : 「アテネの」 (2020年 5月 2日)

  赤絵あるいは色絵。陶磁器の器肌に施された色彩顔料を高火度の炎により蒸着させ、赤色を主体としたさまざまな色彩画法で文様を描きやきものに絵画的装飾を施すことの総称。古来より幾世紀にもわたり人々は、やきものに様々な文様を加飾し、絵画的に飾ることを渇望した。日常... (2020年 3月 12日)

バンチェン土器壺 タイ 紀元前後 (2019年 3月 25日)

東京アートアンティーク2017 の2日間は天気にも恵まれ、桜がまだ残る中、春らしい気候の中での開催となりました。 今年は昨年を7店舗上回る86軒の店舗が参加し、そのうち56店舗が来場者に向けて企画展を行いました。 来場者数は店舗によりまちまちですが、多いところでは1日... (2017年 4月 29日)

今年の東京アートアンティークもイベントが盛りだくさん! チャリティ入札会のページは随時更新してまいります。 チャリティ入札会詳細 トークイベントもたくさんございます。 2016年11月にオープンしたばかりの京橋エドグランでは、テレビでもお馴染みのお三方がトークを行い... (2017年 3月 20日)

中国陶磁の歴史は古く、紀元前8000年ほど前から土器がつくられていたとされています。新石器時代には中国大陸の黄河、長江流域の各地で個性豊かな土器がつくられ、その後、王朝の誕生とともに、殷、西周、春秋、戦国、前漢と、紀元前には陶磁器はもちろんのこと、玉器、青銅器... (2017年 2月 10日)

企画展『 紀元前 —古代中国の美— 』開催に伴い、川島公之がギャラリー・トークを行います。今回の展観では、その紀元前につくられた文物に焦点を当て、主に土器を中心としたやきものを陳列します。特に新石器時代につくられた作品は、現代的とも云える独創的な器形を成しており... (2017年 2月 10日)

更紗の発祥を辿ると、遠く紀元前にインドで始まったといわれます。その美しい色と文様は、世界中の垂涎の的だったことでしょう。ヨーロッパ渡り、ペルシャ渡り、インドネシア渡り.....インドから輸出された古渡り更紗はまたそれぞれの地に根付き、技法や表現を少しづつ変えなが... (2015年 2月 7日)