古美術祥雲は1987年創業。銀座並木通りのギャラリーです。 縄文・弥生・須恵器・古窯などのやきもの、神道・仏教美術として彫刻・仏画・古写経、及び書画・茶道具などを扱っております。 1階企画展スペースOrient Occidentでは古今東西の個性的な企画展を開催しております。2階...

日本、中国、韓国を中心とする東洋古美術品のピリッとした優品をご提示できるよう努めております。 特に仏教美術、李朝と高麗青磁、日本の古陶磁(縄文、弥生、須恵器、六古窯、志野、黄瀬戸、織部、古唐津など)を得意としております。

5坪と小さい店ですが、実際に古美術に触れ、その感動や美しさ・楽しさを共に感じられるような空間作りを心掛けております。

頸の飛んだ三島の大徳利。こよりを転がした窪みに白土を埋めたシンプルな技法で、縄文とも云えますが、こよりを何段にも押し付けた事に因り段ごとに僅かな波打ちが生じ、それが器面に実にいい表情をもたらしています(Top画像)。 そして画像では伝わり辛いとは思いますが、こ... (2020年 5月 2日)

東京アートアンティーク実行委員会は、本日緊急事態宣言が発表されることから、東京アートアンティーク2020を止むなく開催中止を決定いたしました。 大変残念ではございますが、皆様にはご理解いただきますようお願い申し上げます。 また、毎年楽しみにされている方、今年初め... (2020年 4月 7日)

古九谷貝づくし紋皿最低落札価格:5万円〜古伊万里兎紋鉢最低落札価格:2万円〜土師器杯最低落札価格:1万円〜須恵器長頸壺 h24cm最低落札価格:2万円〜縄文浅鉢 r16cm最低落札価格:2万円〜 (2020年 3月 23日)

  赤絵あるいは色絵。陶磁器の器肌に施された色彩顔料を高火度の炎により蒸着させ、赤色を主体としたさまざまな色彩画法で文様を描きやきものに絵画的装飾を施すことの総称。古来より幾世紀にもわたり人々は、やきものに様々な文様を加飾し、絵画的に飾ることを渇望した。日常... (2020年 3月 12日)

本展は延期となります。(日程未定)   東日本の縄文土器を中心に陶片や石器などを展示販売いたします。 破れ壺や縄文の意匠を楽しめる陶片や土偶残欠とともに石鏃、石槍、石匙など、様々なストーンツールズの世界を楽しんでいただけたらと思います。 (2020年 1月 22日)

縄文注口土器 晩期前葉 h7cm最低落札価格:25,000円~  呉須染付牛図茶碗 明時代 h8.5cm最低落札価格:50,000円~  須恵器壺 古墳時代 安田靫彦旧蔵 h14.5cm最低落札価格:40,000円~  青銅観音守仏 江戸時代 h2.9cm最低落札価格:10,000円~   画像石拓本 人面鳥 月にヒキガエル (2019年 3月 25日)

鉢 縄文時代晩期 口径約15cm×高9cm   口辺部の線文が美しい縄文晩期の鉢。 東北地方で作られたものですので、中期の鉢などと比べると薄くて繊細なつくりです。 (2019年 3月 25日)