平福百穂「丹鶴青瀾」134.5×38cm 紙本共箱

平福百穂「丹鶴青瀾」134.5×38cm 紙本共箱

平福 百穂展 (已结束)

横山大観のライバルとして才能を開花させた秋田県出身の巨匠・平福百穂の掛軸や小品などを展示いたします。

 

平福 百穂(ひらふく ひゃくすい) 

1877年(明治10年)秋田県角館町に生まれ、17歳で上京、川端玉章に入門し、画家の道を歩み始める。その後東京美術学校の日本画科に編入、文展にて特選を受賞し、文展・帝展・宮内庁に格調高い名品を多数残した。東京美術学校の教授を務めるなど将来を嘱望されていたが、1933年(昭和8年)55歳で急逝。

 

ゆるぎなき画境の高み、全身全霊をかけて築き上げた真髄をご紹介いたします。百穂の技巧をぜひともご高覧ください。

〒104-0041 东京都中央区新富2-2-13 新富太阳大楼1楼 03-6280-5163 10:00 - 18:00 (周六至16:00) 法定假日