2002年5月花筥在东京日本桥的大口美术店有限公司的营业所开店。本店是花笼专卖店,店内花笼数量繁多,具有很高的艺术欣赏价值,开店以来,许多来自海外的收藏爱好者、都专程来访一饱眼福。另外本店的大口美术店所属于东京美术俱乐部,是有52年历史的老店铺。   地铁 银座线 东西线都营浅草线日本桥站 B1出口 徒步2分东京站八重洲北口 徒步15分请往挂有黒色和橙色相间的竖条幅的大楼走

酒器や花器、そして小皿など。今回の展覧会では辻村史朗の「小さな器」の世界をご紹介致します。 (2019-2-1)

师从陶艺界的先锋隐崎隆一先生。独立后,以独特的风格继续进行创作。作品主要风格突出对比强烈的红、黑的边缘、金银,窑变等强烈的视觉感,极具强烈的个人风格。 作家寄语没有一定要坚守什么,就像永远无法踏入同一条河流一样,时间不停变换。接受黑暗,光明和变化。在作陶方面,我尝试表现不被束缚的自由灵魂酒器 茶碗 陶板 花器 材料 (2019-2-1)

东京艺术古董节2018届时三天,天气出奇的好,仿佛初夏一样。 在这得天独厚的气息中展览顺利的举行了。 今年,比去年多了3家店铺,共89家店铺参与。其中52家店铺都为参观者策划了特定的参展方式。 游客数量因店而异,根据问卷调查统计,最多的时候一日来访客人达120人。许多客人都是第一次到访。 第二天和第三天,每年都由茧山龙泉堂的川岛公之先生做主持,进行艺术座谈会,今年的主题是“陶俑”--对比中国陶俑和日本陶俑。 第二... (2018-6-5)

展示了辻村史朗的“花器和酒器”。从粉印这类大的花器到小的器皿,一应俱全。酒器有品尝威士忌和烧酒尺寸的粉印新系列,织部、伊贺、信乐等种类丰富。敬请光临。 (2018-2-15)

「美術品」や「アート」は見に行くだけでも心が豊かになり、楽しい気分になったり、考えさせられたり、遠い昔の名も無い作り手に想いを馳せる楽しみとなります。ですが、それらが実際に「生活の中にある」というのはまた違う豊かさを人生に与えてくれるものです。とはいえ、使えるものから鑑賞を目的としたもの、手頃なものから手が届きそうにないまで様々です。また、普段使いのものと「美術品」を区別したいと思う方もおられ... (2017-4-4)

前回に引き続き、生活の中で「使う」ことができる器類で少し変わったものをいくつかご紹介します。 前回の記事 お茶菓子編 今回は花の器をご紹介します。 最後には、 スモールスペースに飾る絵画 と題して、壁にかける美術作品をご紹介します。絵画作品はもちろんのこと、工夫次第で様々なものを壁にかけて楽しむことができます。また、壁にかけるだけでなく、立てかけたり、他のものと組み合わせたり、思っている以上に楽... (2017-4-4)