小山硬【寿富士】尺寸6号 伊东深水【玫瑰花】尺寸8号 加藤东一【磐梯】尺寸4号 松尾敏男【牡丹】尺寸10号 (2019-3-25)

ほのぼのとした画風の日本画 と普段使いの品々でお気楽にお茶を楽しんでいただく趣向です。 (2019-2-1)

「新緑が芽吹き、爽やかな風がそよぐ」風薫る季節をテーマに制作をお願いしました。 大作を含む新作10余点を展示致します。 絹地に現れる水面を渡る爽やかな風を、作家ならではの美しい色彩と共にお楽しみいただければと存じます。   【清見佳奈子(きよみかなこ)】 2010年 多摩美術大学大学院修了 2008年 日展初入選(同’09’10’11’15年) 2014年 郷さくら美術館桜花賞展 奨励賞 2016年 山種美術館日本画アワード「Seed」入選 (2019-2-1)

以江户时代伊藤若冲(Ito Jakuchu)、曾我蕭白(Soga Hanbaku)、長澤蘆雪(Nagasawa Yoshihira)、白隠慧鶴ら(Hakushaku Kikuru)等极具才情的画家们为焦点举办企划展。铃木其一( Suzuki Souichi)和岩佐又兵卫(Iwasa Kanobe)的作品也会参展。商品目录是免费发放的,欢迎随时咨询。 (2019-1-10)

三谷 晴弘  現在「日本画」と呼ばれている絵画の定義は、絹や和紙に岩絵具を使って描かれた絵画をいうのが一般的です。この絵画技法は中国で生まれ、敦煌の壁画などにも使われていて鮮やかな色彩を今に伝えています。その後技法は日本にも伝わり大和絵など通して発展しましたが、中国では時代が下るにしたがって水墨画が主流になりました。  戦前までの主な日本画の形態には軸装(掛軸)・巻物・屏風などがあります。中でも... (2018-3-8)

「美術品」や「アート」は見に行くだけでも心が豊かになり、楽しい気分になったり、考えさせられたり、遠い昔の名も無い作り手に想いを馳せる楽しみとなります。ですが、それらが実際に「生活の中にある」というのはまた違う豊かさを人生に与えてくれるものです。とはいえ、使えるものから鑑賞を目的としたもの、手頃なものから手が届きそうにないまで様々です。また、普段使いのものと「美術品」を区別したいと思う方もおられ... (2017-4-4)

前回に引き続き、生活の中で「使う」ことができる器類で少し変わったものをいくつかご紹介します。 前回の記事 お茶菓子編 今回は花の器をご紹介します。 最後には、 スモールスペースに飾る絵画 と題して、壁にかける美術作品をご紹介します。絵画作品はもちろんのこと、工夫次第で様々なものを壁にかけて楽しむことができます。また、壁にかけるだけでなく、立てかけたり、他のものと組み合わせたり、思っている以上に楽... (2017-4-4)