メゾンドネコは京橋の路地にある木造家屋の二階です。「生きとし生けるもの」をテーマにしたレンタル&企画ギャラリー。生き物を中心に、絵画、工芸、写真など幅広いアート作品を展示販売いたします。営業日は展示によって異なりますので、情報を確かめてからご来店下さい。*...

コレクターの心をゆさぶり続ける、美しき古美術の世界へようこそ! 藤美術は六本木にて1948年に創業。陶磁器・蒔絵・工芸品・桃山江戸絵画などを扱っております。 江戸絵画はその時代特有の繊細さはもちろんですが、定番の山水や花鳥図などではなく、鑑賞している人が楽しく、...

日本、中国の先史時代から古代のもの、仏教美術の分野などを中心に扱っています。

「Life on this planet」は地球上の生き物達をテーマに、古美術「木雞」とギャラリー「メゾンドネコ」の2店舗による共同企画展です。展示内容は、東洋とオランダのやきものを中心とした古美術の世界と、現代の木彫、陶器、彫金、絵画などの作家たちとの競演です。人類が及ぼす... (2020年 10月 1日)

10月10日(土)~17日(土)時間は12:00~18:00、最終日~16:00予定状況により短縮等もございます。   「Life on this planet」は地球上の生き物達をテーマに、古美術「木雞」とギャラリー「メゾンドネコ」の2店舗による共同企画展です。展示内容は、東洋とオランダのやきも... (2020年 10月 1日)

リトグラフ 画寸36×47 額寸54×69cm  1903年9月24日-1997年5月15日   昭和・平成の日本の洋画家。戦後二科会再建時の創立会員。80歳を過ぎてソフトライン、水平線シリーズなど簡潔で色彩豊かな独自の抽象絵画を確立した。東京都庁に壁画がある。 (2020年 6月 8日)

28×23×7   粘土・木・金属・ガラス・樹脂・アクリル・糸   川で拾った亀の骨がとても美しかったので生きていたころを想像し作品にしました。尾に咲くのは梅花藻の花です。(作家) (2020年 5月 7日)

2019  50×76×6.5  閉 50×38×14.5   粘土・木・金属・ガラス・樹脂 アクリル・アンモナイト・貝・紙    開閉式、パーツの一部取り外し可   テーマは無機質と有機質、古い箱時計を解体し機械部だけ取り出して新しい作品に作り変えました。 中央の生物を取り外すと箱を閉じ... (2020年 5月 7日)

2020  50×19×24   粘土・木・金属・ガラス・樹脂・磁石 アクリル・紙・石(ラブラドライト)   口開閉、前足可動   ステンレスで骨組みを作り粘土等で肉付けしています。前足が可動。口は開閉し、尾の飾り羽が回転します。 (2020年 5月 7日)

2014  50×58×45   粘土・木・金属・ガラス・樹脂・アクリル・布・鏡   作品の台座についた小さな鏡を調節して顔の裏側に光を反射させると羊の目玉が光って見えます。 (2020年 5月 7日)