TOKYO ART
& ANTIQUES

東京 アート アンティーク 〜日本橋・京橋美術まつり 2018

4.26( 木 ) , 4.27( 金 ) , 4.28( 土 )

2018 4.26 ( 木 ), 4.27 ( 金 ) ,4.28 ( 土 )

営業時間

各店舗の営業時間に準ずる

参加美術店・画廊数

2018年2月中旬頃発表予定

概要

「東京 アート アンティーク〜日本橋・京橋 美術まつり」は「日本橋・京橋美術骨董まつり」として1998年から始まり、1回から2回開催してまいりました。2010年からは名称も新たに、8回目の開催となった2017年は86軒の美術店・画廊が参加いたしました。

東京都中央区の京橋・日本橋エリアは、戦後から古美術・工芸・日本画・近代絵画・彫刻・版画など約150の専門店が多岐にわたり集積する、銀座に次ぐ個性豊かなアート密集地です。老舗の古美術店やギャラリーが並ぶ「美術の街」として、多くの著名人や美術館関係者がこの界隈で美術品を求めてきました。

近年幅広い世代でアートに対する興味と関心が高まり、愛好家も増えております。しかしながら、実際にそれらの作品に触れる機会は日常的には少なく、興味はあるけど何処にいけばいいか分からない、あるいは格式の高い美術店・画廊に入るのは気後れしてしまうという人が圧倒的ではないでしょうか。

「東京 アート アンティーク」は、その地域性を活かし、ガラス越しに美術品を鑑賞するのではなく、実際に手に取り、触れて、美術に関する深い知識と愛情を持ったオーナーや作家と語り合い、その魅力を現代に引き継ぐことを目指しています。

皆さまにアートと人の繋がりを感じていただく機会となれば幸いです。

お問合せ

お問合せフォームよりお願いいたします>>

Q&A

何から見ていいかわからない。

開催期間中はギャラリーツアーやトークイベントなどのイベントがあり、各店舗でもこの期間に合わせて企画展やイベントを開催しているところがあります。イベントを通じて、多くのジャンルから見てみたいものを絞っていくことができます。(企画展やイベントの詳細は各店舗にお問合せください)
早速イベントページでチェックしてみましょう!

なんだか入りづらい…。

そのための三日間です!敷居が高いと思われがちなギャラリーや美術店ですが、入ってみるとオーナーやスタッフは気さくな方が多く、話が弾めばお店の奥から普段は飾っていない作品を出してくれることも。より多くの方に良い美術品を見て、知って、楽しんでもらいたい、このイベントには、オーナーたちのそんな思いが込められています。

見るだけでもいいの?

もちろんかまいません。作品の由来、使い方、作家について聞くと、より一層見る楽しみが増えます。普段はガラス越しにしか見ることのできないような作品をもっと身近に感じ、見ることができます。作品に触れてみたい場合は、店内のスタッフにお気軽にお声かけください。

どのギャラリーが参加しているの?

参加ギャラリーのページをご参照下さい。また、ウィンドウなどに出ている橋のマークが入った赤い旗が目印です。

Go to Top