最新ニュース一覧

2018年 9月 14日 発行
アート&クラフト市PVイメージ
アート&クラフト市PVイメージ

2019年度の東京アートアンティークの開催日は、4月25日(木)〜27日(土)の3日間に決定いたしました。

次回参加者への呼びかけや、多くの方に楽しんでいただけるようなイベントの考案が始まりました。

 

また、本年度の開催最終日の模様とアート&クラフト市参加の様子をアート&クラフト市映像制作委員会が制作したPVでご紹介いただきました。

東京アートアンティークの全体像がとてもわかりやすくまとめられていて、雰囲気も良く出ていますよ!

是非ご覧ください。

 

 

東京スクエアガーデンでは、毎月アート&クラフト市を開催しています!

アート&クラフト市@TOKYO SQUARE GARDENの詳細はこちら

2018年 6月 22日 発行

東京アートアンティークの特別企画として行われたチャリティ入札会の寄付金合計金額をご報告いたします。

チャリティ入札会参加店 10店の寄付金合計額は 167,300円 となりました。
(寄付先は店舗により異なります)

皆さまのご参加を心よりお礼申し上げます。

2018年 6月 5日 発行
ギャラリーにフラッグが掲げられて目印になっています。
ギャラリーにフラッグが掲げられて目印になっています。

東京アートアンティーク2018 の3日間は、初日と最終日は夏日のような天気に恵まれ、初夏のような気候の中での開催となりました。

今年は昨年を3店舗上回る89軒の店舗が参加し、そのうち52店舗が来場者に向けて企画展を行いました。

来場者数は店舗によりまちまちですが、多いところでは1日あたり120名近くお越しいただき(参加店アンケート集計結果)、来場者アンケートによると、今回初めてお越しいただいた方も多かったようです。

今年は開催日が3日間に戻ったこともあり、訪れた方も多かったように思います。

二日目と三日目には毎年恒例の繭山龍泉堂川島公之氏のギャラリートークが行われ、今回は「土偶」をテーマに中国の俑や日本の埴輪など、実際の展示物を見ながら話しました。

二日目の夜には荒川正明氏のトーイベント「古陶磁の研究とコレクション」が行われました。出光美術館時代に最初に手がけた展覧会で探し出したという板谷波山の壺の話は大変興味深いものがありました。古陶磁に詳しくない方には少しマニアックな話になったかもしれませんが、エピソード的なお話が多かったので、わかりやすかったのではないでしょうか。

繭山龍泉堂、川島公之「DOGU」ギャラリートークの様子
繭山龍泉堂、川島公之ギャラリートーク「DOGU -土偶いろいろ-」の様子

 

トークイベントの様子
荒川正明氏のトーイベント「古陶磁の研究とコレクション」の様子

 

三日目には、今年初の試みとなった「アート&クラフト市 ART & CRAFT MARKET at TOKYO SQUARE GARDEN」への参加です。インフォメーションブースとして設置させてもらい、希望するギャラリーは、絵葉書やエコバッグ、ちょっとした作品を展示即売しました。

大変目につきやすい場所だったため、多くの方が「どこでやっているの?」と声をかけていただき、パンフレットをお渡しすることができました。

ハンドメイドマルシェでの様子
アート&クラフト市@TOKYO SQUARE GARDENでの様子

 

絵葉書やアクセサリー、陶器が並びました。

画廊さんの絵葉書やアクセサリー、陶器が並びました。
実際に作品を描いた作家さん自らご自身の品物を販売してくれました。

 
また、同じく今年初の試みとして、道ゆく方がスマートフォンで気軽にギャラリーの解説を聞ける「音声ガイド」を導入しました。

オーディオツアー張り紙
各店舗には、QRコードと地図番号をわかりやすい場所に設置していただきました。

 

  

3日間の開催を通して各ギャラリーでは様々な企画展が行われ、それぞれの特色を見せました。会期中は52店舗が企画展を行いましたが、年々ユニークな企画展が開催され、参加店にも力の入った展示が目立ちました。

開催した展覧会の一覧はこちら(2019年1月頃まで掲載)

林田画廊での展示
林田画廊での展示「青木志子日本画展 だるまさんといっしょ」

 

ワークショップの様子
林田画廊 展示と同時に行われたワークショップの様子

 

井上オリエンタルアート日本橋での様子

井上オリエンタルアート日本橋で行われた、クリエイター亀井紀彦氏とのコラボレーション展示の様子。花びらを一枚一枚組み合わせて作る花の造形です。

 

アートスペース繭の様子
アートスペース繭「襤褸(ぼろ)」での様子

 

古美術花徑での展示の様子
古美術花徑「小さな額と小さな花器」の展示の様子

 

アートスペース羅針盤の展示の様子
アートスペース羅針盤「ホリグチ シンゴ 展」の様子

 

松本松栄堂の展示の様子
今年初参加の松本松栄堂「平安時代から現代まで」展の様子

  

白銅鞮画廊での展示の様子
今年初参加の白銅鞮画廊「第3回 田嶋健太郎展」の展示の様子

 

前坂晴天堂での様子
毎年混み合う前坂晴天堂の「普段使いの古伊万里展」での様子

  

メゾンドネコでの様子
メゾンドネコ「Life on this planet」展での様子

齋藤紫紅洞での様子
齋藤紫紅洞「香の世界」展の様子

 

 

もう一つ東京アートアンティークが力を入れたイベントは、今年で3回目の試みとなった「チャリティ入札会」です。

今年は9店舗が参加し、参加店も初心者が積極的に楽しめるもの、楽しむきっかけになるようなものを念頭に出品しました。

入札価格の一部を慈善団体へ寄付する目的もありますが、参加店と入札者が共に社会へ貢献できることから新しい出会いや関心が生まれ、入札に参加する来場者も増えているように思います。寄付金額の総額は、寄付手続きが全ての店舗で済み次第ウェブサイトでご報告いたします。
 

古美術花徑 チャリティ入札会の様子
古美術花徑 チャリティ入札会の様子

 

 

 最後になりましたが、今年はギャラリーインタビューを再開しました。

お店の様子や、この期間に展示する作品について、作家さんにもインタビューを行いました。

  

インタビューの様子
四季彩舎でのインタビューの様子

 

インタビュー動画はこちらよりご覧いただけます。

https://www.tokyoartantiques.com/interviews/

 

次回の東京アートアンティークでも更に多くの方々に楽しんでいただけるよう、参加店一同精進して皆さまのお越しをお待ちしております。

ご来場いただいた皆さま、心よりお礼申し上げます。

 
アンケートにご協力ください

2018年 4月 29日 発行
アート&クラフト市@TOKYO SQUARE GARDENでのインフォメーションブースの様子
アート&クラフト市@TOKYO SQUARE GARDENでのインフォメーションブースの様子

東京アートアンティーク2018は、無事3日間を終えることができました。

ご来場いただいた皆さま、有難うございました!

美術に興味のある方にたくさんお越しいただき、リピーターの方、今回初めて知ったという方にもたくさんお越しいただきました。

嬉しいメッセージもいくつか届いております。

今後、みなさまからいただいたメッセージも掲載していければと思います。

トークイベント、チャリティ入札会などの様子をこれからご報告としてまとめてまいります。

 

ご来場いただいた皆さま、

ご面倒でなければ是非アンケートにご協力ください。TAAをより良くしていくため、皆さまのご意見がとても役立つことがあります。

アンケートページ

  

 
さて、東京アートアンティークは終了しましたが、中にはまだ展示が続いているところがあります。

ご都合の悪かったかた、回りきれなかったという方、是非ご覧ください。

【本日29日まで】

大熊美術オープニング展 −今に届く過去の光− 大熊美術

柳田補 個展 銀座かわうそ画廊

 

【まだまだ開催】

丸善・数寄者の茶陶展 併催:近現代巨匠陶芸展 丸善 日本橋店 3階ギャラリー 5月1日(火)まで  ※最終日は15時閉場

矢野太昭作品展 -Cirque de verre- Gallery MARI 5月2日(水)まで  *会期中は無休 最終日は17:00まで

日本美術展示即売会「美祭-BISAI-」 加島美術 5月6日(日)まで

クラシックコレクション2018 ルカスカンジナビア 5月6日(日)まで

春期特別展 古美術のススメ 井上オリエンタルアート 日本橋 5月10日(木)まで

樂歴代名碗展 下井美術  6月26日(火)まで

2018年 4月 26日 発行
飯田好日堂の前
飯田好日堂の前

本日、快晴の中、無事初日を迎え、早速賑わいを見せているギャラリーも。

日本橋 花筥の様子
日本橋 花筥の様子

 

井上オリエンタルアートでは、この3日間のみクリエイターの亀井紀彦氏が創作した花生けをご覧いただけます。

インタビュー動画もこれからアップしますので是非ご覧ください。

 

井上オリエンタルアート 展示の様子
井上オリエンタルアート 展示の様子

 
林田画廊のワークショップでは、お子さんはもちろん楽しまれていますが、大人もとても真剣な面持ちで参加されていました。

林田画廊 ワークショップの様子
林田画廊 ワークショップの様子

新しい情報として、28日の最終日は、四季彩舎で「雑呑」というパーティが開かれます。作家さんたちやそのお友達の作家さん、美術関係者、フラリと立ち寄った方々がお酒を呑みながら、作品について話したり。ご興味のある方は是非ご参加ください。

四季彩舎 展示の様子
四季彩舎 展示の様子


残り2日間、まだまだこれから盛りだくさんです!

みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

2018年 4月 25日 発行
2018年 4月 16日 発行
オーディオツアーステップイメージ
オーディオツアーステップイメージ

東京アートアンティーク会期中に、身近なスマートフォンを活用したアプリ不要の音声ガイドを導入することになりました。

日本人はじめ、ぶらり遊びに来た外国の方でも、日本橋・京橋を再発見することができ、都会の喧騒をはなれ、歴史のある名品、著名な価値ある美術品とその文化に触れることができる、ここ日本橋・京橋ならではの新しい魅力をお楽しみいただけます。

導入するのは、株式会社CO3のCO3 Audio Tourサービス。アプリ不要の音声による多言語対応のガイドサービスです。東京アートアンティークでは、主に日本語・英語、そして店舗により中国語で各ギャラリーの音声ガイドをスマートフォンで聞きながら回ることができます。

各ギャラリーには、サービスへ誘導するQRコードを設置し、スマートフォンから取り込むことで店舗の案内を聞くことができます。また、各店で配布している地図の番号と連動しているため、地図だけではわからない情報を聞きながら、次にどこを回るか事前に確認することができます。

CO3 Audio Tourの公式サービスサイトはこちら

※上記ページの上部にある、「ようこそ、オーディオツアーへ」内の「こちら」をクリックください。

東京アートアンティークのオーディオツアーを始める(4月23日より公開)

2018年 4月 13日 発行
東京スクエアガーデンで行われるアート&クラフト市@TOKYO SQUARE GARDEN
東京スクエアガーデンで行われるアート&クラフト市@TOKYO SQUARE GARDEN

4月28日(土)最終日は、京橋の東京スクエアガーデンで「アート&クラフト市@TOKYO SQUARE GARDEN」という青空個展てづくり市が開催されます。ハンドメイド作家さんたちのアクセサリーや雑貨が並び、賑わいをみせます。

東京アートアンティークもその一角で、インフォメーションブースとして、パンフレットや案内の配布、ギャラリーのグッズ販売をさせていただきます!

ギャラリーオリジナルの絵葉書やクリアファイル、エコバッグなどを予定しております。

また、無料で配布する作品カタログなどもありますので、ご興味のある方は是非お立ち寄りください。

案内所としての役割も果たしますので、当日ギャラリーの場所がわからないなどあればお寄りください。

「アート&クラフト市@TOKYO SQUARE GARDEN」開催時間:午前11時~午後5時

(雨天決行・荒天中止、イベント開始時間・終了時間が変更となる場合もあります)

 

「青空個展てづくり市」についてはこちら

2018年 4月 10日 発行
アートマップ2018
アートマップ2018

パンフレットや地図はどこで手に入るのか、という問い合わせが最近増えてまいりました。

基本的に参加店舗で配布しております。

それ以外に、

京橋エドグラン内の「中央区観光情報センター」、

日本橋COREDO内の「日本橋観光案内所」、

近隣ホテル、

近隣美術館、

地下鉄 京橋駅、日本橋駅、三越前駅の地域ポケット、

メトロリンク日本橋バス車内

などにございます。

在庫がない場合もございますので、ご希望の方には、郵送させていただきます。

ホームページのお問い合わせよりお名前、郵送先の住所、部数をお書きの上、送信してください。

お問い合わせページはこちら

2018年 4月 6日 発行

本日、中央FM Hello!RadioCity 84.0 MHz で東京アートアンティークの紹介をしていただきました!
参加ギャラリーの五月堂 上野さんと広報の小野瀬が出演させていただきました。
Hello!RadioCityはタイムリーな地域情報を発信。

午後6時から再放送がありますのでご興味ある方はぜひ!
http://fm840.jp/