京橋・日本橋から昭和通りを挟んだ八丁堀で小さな店を営んでおります。書肆を名乗りつつ、ことさら本を専門にしているわけではないのですが、それでも装幀や佇まいに魅かれて集めた戦前の詩歌の本などを少数ながら並べています。その他、民藝・民具、李朝、漆器、考古発掘遺品...

日本、中国、朝鮮の仏教美術、陶磁器、漆器等。ジャンルにはこだわらず、ときめきを感じる事のできる物を 扱いたいと思っています。

主に中国の古美術品(陶磁器、漆器、古書画・近現代書画など)を取り扱っております。その他、茶道具などの日本の古美術品や、中国・日本の仏教美術品も取り扱っております。どうぞご気軽にご来店下さい。

中国古美術を幅広く取り扱う専門店です。 中国語の話せる店員もおります。気軽にお越しいただき、気軽にご相談ください。 なお店舗は、主催する「古龍会」というオークションの事務所も兼務いたしております。

浦上蒼穹堂は、東洋古美術の専門美術商で、1979年(昭和54年)4月東京日本橋に設立されました。創立者である代表取締役浦上満は 1951年生まれ、大学卒業後、古美術界の老舗<繭山龍泉堂>に入社、5年間の修行後、独立して日本橋三丁目に<浦上蒼穹堂>を構え、今年で40年を迎...

香りにまつわる茶道具を中心に香合、香炉、香箱を展観します。 焼物から漆器など色とりどりな御道具を御覧下さい。 (2018年 2月 9日)

古い陶器や漆器、古民具などを使ってふだんの食卓の風景を一変させる試みです。 (2018年 2月 5日)

江戸時代に作られた蒔絵類を中心に。 (2017年 2月 10日)

中国陶磁の歴史は古く、紀元前8000年ほど前から土器がつくられていたとされています。新石器時代には中国大陸の黄河、長江流域の各地で個性豊かな土器がつくられ、その後、王朝の誕生とともに、殷、西周、春秋、戦国、前漢と、紀元前には陶磁器はもちろんのこと、玉器、青銅器... (2017年 2月 10日)