昭和初期、民藝運動の旗手:柳宗悦は濱田庄司、バーナード・リーチらを伴ってたびたび松江布志名の各窯を訪れ、輸出陶器が斜陽となり衰退していた窯を復興させるべく尽力。特にリーチは当地に滞在し、もともと英国の焼き物であったスリップウェアを指導。 その素朴で暖かみのあ... (2020年 4月 25日)