物語とぬくもりが共存する 版画と小さなやきものの作品たち。 その佇まいは、日々の暮らしに ほんの少し安らぎを与えます。 (2019年 2月 1日)

郷愁の日本風景を描いた最後の浮世絵師・川瀬巴水。近年人気上昇中で、良質な作品が入手困難になりました。このたび世界中から集められた作品の中から版元・渡邊版画店の目で厳選された30点余りの初期摺り版画を展示即売いたします。また、近年注目の小原祥邨(古邨)をはじめ... (2019年 2月 1日)

《ギャラリートーク》 渡邊木版美術画舗・ 三代目 渡邊章一郎  4月26日(金)・4月27日(土) 両日14:00~ 無料 同時開催:「―新版画の美― 川瀬巴水木版画展」をご覧いただきながら、三代目 渡邊章一郎が解説いたします。 郷愁の日本風景を描いた最後の浮世絵師・川瀬巴水... (2019年 2月 1日)

斎藤真一(1922〜94)は盲目の女旅芸人・瞽女がかつて見た「赤」を。 G・ルオー(1871〜1958)は精神性の高い崇高な「黒」を。 池田満寿夫(1934〜97)は代表作に「赤と黒」を効果的に描きました。 3アーティストを中心に《赤と黒》の作品を集めた特別企画展です。 (2019年 2月 1日)

【入札期間】第1期:16日~21日(締切・開封21日)、第2期:23日~28日(締切・開封28日)  ピカソ・藤田嗣治・奈良美智・草間彌生・村上隆 版画  ピカソ 「リトグラフIV:裸婦を描く画家」1964年 リトグラフ最低入札価格:160,000円 藤田嗣治 「ヴェールを被った聖母(... (2018年 3月 26日)

大正から昭和初期に活躍した鬼才、谷中安規の創作版画を展示します。 (2018年 2月 10日)

これまでにない新しい現代アートとして、現在、新聞や美術雑誌でも大きく取り上げられ、ヨーロッパを中心に多くの人たちの間で注目を集めているオランダの作家ハンス・イヌメ。マルベリー転写法という独自の技法を駆使して描かれた作品は、抽象絵画から出発したイヌメ独特の構... (2018年 2月 5日)

大正から昭和にかけて活躍した鬼才:谷中安規の創作版画を展示いたします。>>同時開催 「古美術に見る動物たち」 (2017年 2月 10日)

古美術の中には動物たちをモチーフにした彫刻や絵画(絵付け)が数多く見られます。今回はそんなモノ達にスポットを当ててみました。 >>同時開催 谷中安規/版画展 (2017年 2月 10日)