漢 緑釉奩 H. 28.9 cm

漢 緑釉奩 H. 28.9 cm

「漢の陶器」中国2千年前の雄渾 (終了)

漢時代(BC206〜AD220)の陶器は多岐にわたります。高火度で焼成され、地味で実用性が重視された灰陶や灰釉。一方、美しい色合いの緑釉や褐釉があり、これらは低火度で焼成された鉛釉陶で副葬用に用いられました。古代中国では霊魂は不滅であって、生前と死後の生活は同様のものと考えられていました。前漢と後漢、400年近く栄えた漢王朝の陶器の特徴は造形が力強く、雄大で堂々とした姿を現代にも伝えています。

〒103-0027 東京都中央区日本橋3-6-9 箔屋町ビル3階 03-3271-3931 10:00 - 18:00 日曜・祝日