浦上蒼穹堂は、東洋古美術の専門美術商で、1979年(昭和54年)4月東京日本橋に設立されました。創立者である代表取締役浦上満は 1951年生まれ、大学卒業後、古美術界の老舗<繭山龍泉堂>に入社、5年間の修行後、独立して日本橋三丁目に<浦上蒼穹堂>を構え、今年で40年を迎えます。屋号の「蒼穹堂」は作家の故立原正秋氏の命名で、今でも直筆の扁額が店に掲げられ、その由来は氏のエッセイにも著されています。中国、朝鮮半島、日本の古陶磁を主に取扱い、他に金属器、漆器そして浮世絵なども扱っております。

開業以来数多くの展覧会を企画、主催し、コレクター、美術館関係者、作家など各方面に大きな反響を呼び、美術雑誌をはじめ、多くのメディアに度々取り上げられてきました。

また、そのつど作成した展覧会カタログも内外の研究者から学術的にも高い評価を得、サザビーズ、クリスティーズなどのオークションカタログにたびたび作品 解説の参考文献として引用されています。国内の美術館、博物館の企画展にも協力、出品依頼が多数あり、例えば1994年東京国立博物館で催された「中国の 陶磁」展には全343点(国宝3点重要文化財30点を含む)中、42点を出品協力しました。個人コレクターを主眼におきながらも、東京国立博物館、大阪市立東洋陶磁美術館など国公立の美術館や、出光美術館はじめ財団法人の美術館やアメリカの美術館にも数多く作品を納めてきました。

ニューヨークで開催されたアートフェア(インターナショナル アジアン アートフェア)に11年連続参加出店したり、国内では東京美術倶楽部の東美特別展、東美アートフェアそしてアートフェア東京(於:東京国際フォーラム)にも参加出店しております。

取り扱い内容:中国、朝鮮半島、日本の古陶磁および金属器、漆器など。浮世絵(特に北斎)。

東京メトロ銀座線・東西線 日本橋駅から

B1出口より銀座方向に直進、3本目の通りを左折。つきあたり右手のビル。

JR東京駅から

東京駅八重洲中央口より八重洲通りを直進。中央通りを左折して2本目の通りを右折。つきあたり右手のビル。

後漢灰釉双耳壺

後漢灰釉双耳壺

「漢の陶器」PartⅡ 2千年前の圧倒的存在感

2019年4月25日(木)- 4月27日(土)

昨年「漢の陶器」展を催しましたところ、大へんご好評をいただきました。今回はその第2弾として、前漢(BC206〜AD9)、後漢(AD25〜220)の優品を展示致します。力強い造形と繊細な気配り、時代を超えた漢時代のやきものの魅力を是非ご堪能下さい。