三日に上げずおじゃまする桃六さんは明治2年創業、今年で146年目の老舗和菓子屋さんで、店内にはケヤキの一枚板に彫られた堂々たる桃太郎が飾られています。お昼には赤飯弁当、そぼろ弁当、幕の内、ももから弁当などが並び、毎日食べても飽きません。でも、ちょっと行くのが遅いと、きれいに売り切れてしまうんです。 そして、ついつい買ってしまうお団子、どらやき、お饅頭。どれも素朴で懐かしい美味しさです。かわいい桃... (2015-3-25)

 平成2(1990)年4月に私が壺中居に入社してから、早や四半世紀の時が経ちます。その翌々年11月のこと、故・小山岑一先生(1939-2006)の作陶展を開催し、初日夕方にオープニングレセプションを行うべくぼちぼち諸準備をしていますと、或る紳士が風呂敷を抱えてひょっこり御来駕され、「岑ちゃん、つまらんもんですが、今晩使ってくださいな!」と解かれた風呂敷の中身が実に立派で美味しそうな握り鮨の大桶なのでした。小山... (2015-3-25)

伊賀芳子さん ——ここ京橋に、銀座から移転されたんですね。 伊賀 この場所にオープンしたのが2013年5月だったので、前回の東京アートアンティークには間に合わず、今年が初参加です。京橋は先代の小関文吾社長が孔雀画廊を創立された地です。いいところですね。貸し画廊もあって学生や若い方が借りて個展を開いていらしたり、現代アートもあったりで見に行くのが楽しいです。 ——伊賀さんが画廊のお仕事をされるようになったき... (2014-4-26)