樂歴代名碗展 2019 (終了)

樂茶碗は桃山時代、千利休に指導された樂家初代長次郎によって作り始められました。歴代が手探りの技法を継承しつつも、独自の意匠、釉薬を研究開発し、当代の15代樂吉左衛門に至るまで、400年以上の長期にわたり私達を魅了し続けております。

当店では、初代長次郎から15代樂吉左衛門までの黒・赤茶碗と茶道具の逸品を揃え、展示販売いたします。

〒104-0031 東京都中央区京橋1-14-6 京橋宏陽ビル1F 03-3535-2522 10:00 - 19:00 (土・日・祝)10:00 - 18:00 不定休