【天衣 黒田辰秋展】 (終了)

京橋 魯卿あんでは、木漆工芸の人間国宝・黒田辰秋(くろだ・たつあき)の展覧会「天衣 黒田辰秋展」を開催致します。
   
黒田辰秋先生は1904 (明治37) 年京都市で塗師屋の家に生まれ、父のもとで木工、漆工の技術を習得されます。木工と漆塗の分業制の漆芸界に対して疑問を抱き、木工による造形から漆による塗作業まで一貫した制作を始めます。1924年頃には河井寛次郎や柳宗悦らに共感して民藝運動に加わり、漆による様々な技法や螺鈿を用いた家具・茶道具・装飾品を作る他、本の表題・挿絵・扉絵 等幅広く手掛けています。1970(昭和45)年重要無形文化財(人間国宝) 指定。
   
生涯にわたって、木質の美しさを生かし、卓越した技によって他に類を見ない独創的かつモダンな作品を生み出しました。本展では、箱・棗(なつめ)・茶杓・椀をはじめ、珍しいところでは花入など、多彩な才能が窺い知れる作品を展観いたします。
この機会に、是非ご高覧ください。

  

写真:野村知也

〒104-0031 東京都中央区京橋2-9-9 ASビルディング1F 03-6228-7704 11:00 - 18:00 日曜・祝日