美術のなかの「馬」 (終了)

   「馬」は、人間にとって、古来より最も日常生活に密着した動物であったことは言うに及びません。先ずは、乗り物として、そして馬車の開発により、戦闘用としての役割を持ちましたが、時代が進むにつれ、美術のなかで表現されるようになります。今回は「馬」そのものを対象とした様々な国や時代の作品を見ることで、美術における「馬」の存在を改めて感じて頂きたいと思います。

 

ギャラリートーク:4月26日(金)・27日(土) 両日午後3時〜

参加費:無料

*当日は混み合いますので、お早めにお越しください。

〒104-0031 東京都中央区京橋2-5-9 03-3561-5146 10:00 - 18:00 日曜・祝日