大正13年(1924)創業。 創業時から現在、観賞美術と言われる古美術品を取り扱っています。 取り扱い内容:東洋古美術(中国・韓国・日本)の古陶磁器・絵画・金石) 【店名の由来】 中国の漢書に「壺中の天」という故事があります。 時は後漢、費長房という男が街中で、ある...

*会場は壺中居3Fホールとなります。お間違いの無いようにお気をつけください。 *会期中無休   次世代を担う作家として活躍する木野智史の新作展。 ロクロ技法と磁土を使い、それらの特徴からしか生れ出ない稜線を引出し心象造形の体現に努めています。 国内外にて経験を積み... (2020年 1月 23日)

九州や種子島の素朴で力強い陶や神仏などにインドネシア、中国他の造形なども加えて花の春を設えようと思います。写真はチモール島の精霊神と九州の陶枕。 (2020年 1月 23日)

東日本の縄文土器を中心に陶片や石器などを展示販売いたします。 破れ壺や縄文の意匠を楽しめる陶片や土偶残欠とともに石鏃、石槍、石匙など、様々なストーンツールズの世界を楽しんでいただけたらと思います。 (2020年 1月 22日)

東京アートアンティーク会期を挟む24日(水)〜28日(日)の5日間は、日本橋ガレリアコミュニティスペースにて「LIFE WITH KOGEI」と題するイベントをアート&クラフト市の姉妹ブランド「Hale marche」と共同開催いたします。 日本橋ガレリアコミュニティスペースはこの期... (2019年 4月 16日)

縄文注口土器 晩期前葉 h7cm最低落札価格:25,000円~  呉須染付牛図茶碗 明時代 h8.5cm最低落札価格:50,000円~  須恵器壺 古墳時代 安田靫彦旧蔵 h14.5cm最低落札価格:40,000円~  青銅観音守仏 江戸時代 h2.9cm最低落札価格:10,000円~   画像石拓本 人面鳥 月にヒキガエル (2019年 3月 25日)

バンチェン土器壺 タイ 紀元前後 (2019年 3月 25日)

今回のアートアンティークではお料理やお菓子を盛るのに抜群に優れた古染付など中国の明時代から清時代にかけての青花をこの期間だけの特別価格で多数展示即売いたします。また南宋時代から明時代にかけてのまだまだ使用して楽しめる価格帯の青磁も展示予定です。そして高麗や... (2019年 2月 1日)

東京アートアンティーク2018 の3日間は、初日と最終日は夏日のような天気に恵まれ、初夏のような気候の中での開催となりました。 今年は昨年を3店舗上回る89軒の店舗が参加し、そのうち52店舗が来場者に向けて企画展を行いました。 来場者数は店舗によりまちまちですが、多い... (2018年 6月 5日)

去来さんでは、「縄文の壺」展を予定しておりましたが、店主骨折のため、企画展ではなく平常通りの営業となります。 期間中は、お越し下さった方へ絵葉書や土偶クッキーをプレゼントされるそうです。 ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞご理解のほど、よろしくお願い申し上げ... (2018年 3月 29日)