縄文注口土器 晩期前葉 h7cm最低落札価格:25,000円~  呉須染付牛図茶碗 明時代 h8.5cm最低落札価格:50,000円~  須恵器壺 古墳時代 安田靫彦旧蔵 h14.5cm最低落札価格:40,000円~  青銅観音守仏 江戸時代 h2.9cm最低落札価格:10,000円~   画像石拓本 人面鳥 月にヒキガエル (2019年 3月 25日)

伊藤若冲、曾我蕭白、長澤蘆雪、白隠慧鶴ら、江戸時代にその卓越したセンスで揮毫した画家たちにフォーカスした企画展です。鈴木其一や岩佐又兵衛も出品予定。カタログは無料で配布しておりますのでお気軽にお問い合わせください。 (2019年 1月 10日)

荒川正明    私がやきものに興味を持ちだしたのは、学生時代からです。大学で専門にやきものを学んだことはなく、単に大学のサークル活動がきっかけで、あくまで遊び半分でした。史学部というサークルは、当時、根津美術館の奥田直栄先生が顧問をされ、戦国時代の城郭跡などの... (2018年 3月 8日)

襤褸と書いて"ぼろ"と呼びます。今 、襤褸は"BORO"と表記されて世界の市場でも愛好家たちに求められています。江戸時代以前、極寒の冬でも麻の衣服や寝具で過ごすしかなかった北陸、東北地方の人々にとって暖かい南の木綿が北前船によってもたらされたのは僥倖でした。同じく南... (2018年 2月 5日)

展示する工芸品は市井の名工による明治~昭和期の隠れた名作ぞろい。いつの時代も色褪せない「A級〈永久〉デザイン」です。また、江戸時代の絵画はそれを見た瞬間から夜眠りに就くまで一日中幸福感に浸れるような心温まる作品から、伝統的な技法を忠実に守った繊細なタッチに... (2017年 2月 23日)

江戸時代に作られた蒔絵類を中心に。 (2017年 2月 10日)

佐賀・有田地域で17世紀はじめに誕生した、伊万里焼。江戸時代、1640年代までのこれら磁器作品は「初期伊万里(しょきいまり)」と呼ばれています。これら "日本で最初の磁器製品" はおおらかで、ゆるやかな姿を持つものが多く、昔も今も人々から愛されてきました。当時、世界... (2017年 2月 10日)

美術品のオークションや入札会というと、一般にはなかなか参加できないイメージがありませんか?東京 アート アンティークでは、より来場者の楽しみ方を増やしたいという思いから、初めての方でも気軽に体験できるチャリティ入札会を企画いたしました。 また、落札金額の一部を... (2016年 3月 15日)

品名      藍柿右衛門芙蓉手山水文輪花皿 ペア時代      江戸時代 17世紀末〜18世紀初状態      キズ有寸法      径21.5cm最低落札価格  30,000円江戸時代元禄期の作品。十角の輪花皿の裏には車輪福と呼ばれる(福の字の田の部分が車輪の様にみえ... (2016年 3月 15日)

これまでも、東京アートアンティーク期間中のみ開催・販売しておりました、日常にお使いいただける江戸時代の古伊万里食器を、今回は品数も多数取り揃え展示即売いたします。お求めやすい価格で、1客よりお好きな器をお選びいただけます。きっとお好みの一品がみつかるのでは..... (2016年 2月 4日)