TAA2020で予定していた企画展をバージョンアップして開催致します。日本橋、銀座三越等でも個展開催した、美術家・ふるかはひでたか(1968〜)メインは「月刊日本橋」に2017〜19連載されていた作品の原画初公開、そのほか日本橋周辺の老舗料理店の「お皿の上」に残る江戸の... (2021年 1月 15日)

日本画 画寸50×24cm 額寸75×47cm  1893年9月9日-1994年12月21日日本の洋画家、随筆家 東京市日本橋に生まれ. 大下藤次郎、藤島武二、黒田清輝に指導を受ける。東京美術学校卒業後は山下新太郎に師事し、中村彝に兄事する。1914年、文展で褒状、1925年、二科展で樗牛賞を受賞... (2020年 6月 8日)

日本画 画寸24×26.5軸寸38×117cm 掛軸 共箱 原文 むさし野のやみはへりくる     みれ青梅銀座の ねおんに吸はる意訳 武蔵野の闇も減ってきた。灯火に照らされた姿、形を見ろ。    ここ青梅まで銀座のネオンのような明るさが広がっている。 近代日本画壇の巨匠、川... (2020年 4月 26日)

本展は来年2021年5月に延期いたします。 現在開催中の「春の秀作絵画展」を引き続き展示しております。 スペインに移住して47年、まばゆいばかりの光の下、生命感あふれる色彩で油絵を描き続ける大原立司画伯の新作展を開催いたします。今回はイビサ島を中心とした風景やオリー... (2020年 2月 28日)

本展は中止となりました。   1988年富山県生まれ。富山大学芸術文化学部卒。武蔵野美術大学修了。 院展で入選を重ねる竹原美也子の個展。 独特のタッチで描かれる日常の風景や犬や猫の動物たちは作家の愛情が溢れ、観る人を笑顔にさせます。 富山での初個展の描きおろし作品の... (2020年 2月 6日)

小山硬 【寿富士】 サイズ6号 伊東深水 【ばら】 サイズ8号 加藤東一 【磐梯】 サイズ4号 松尾敏男 【牡丹】 サイズ10号 (2019年 3月 25日)

東京藝大を卒業したダブルイメージによる作品の近藤守、 花柄を中心とした作品の楚里勇己、 俯瞰による風景や道端の草花を題材とした作品の長澤耕平、 シンプルな構図に淡い色合いによる作品の安原成美の4 人による若手日本画展。 (2019年 2月 1日)

郷愁の日本風景を描いた最後の浮世絵師・川瀬巴水。近年人気上昇中で、良質な作品が入手困難になりました。このたび世界中から集められた作品の中から版元・渡邊版画店の目で厳選された30点余りの初期摺り版画を展示即売いたします。また、近年注目の小原祥邨(古邨)をはじめ... (2019年 2月 1日)

《ギャラリートーク》 渡邊木版美術画舗・ 三代目 渡邊章一郎  4月26日(金)・4月27日(土) 両日14:00~ 無料 同時開催:「―新版画の美― 川瀬巴水木版画展」をご覧いただきながら、三代目 渡邊章一郎が解説いたします。 郷愁の日本風景を描いた最後の浮世絵師・川瀬巴水... (2019年 2月 1日)