江戸時代・17世紀末 径18.5cm  高3.3cm 型を用いて稜花形に成形させた、盛期柿右衛門の華やかな輪花皿。太湖石から上に伸びる竹に、羽をやすめる鳥の姿が描かれている構図は、よく見ると目を大きく開いた鳥の表情や、たわんだ竹にしがみついているように見える鳥の姿等、微笑... (2020年 4月 25日)

古陶数寄には言わずと知れた常滑『三筋壷』、この名称の名付け親は(やたら乱発し過ぎてありがた味の薄い箱書きでおなじみの)常滑陶芸研究所の沢田由治氏だそうで、氏はまた三本の筋の意味を、その沈線によって4つに区切られた胴部と頸部を併せた五層が《空風火水地》の五輪... (2020年 4月 25日)

アートのある素敵な空間 食卓に、サイドテーブルに、玄関に、ちょこんと好きな作品を置いてみる。全体の色を作品を使って統一してみる。それだけで場が引き締まったり、エレガントになったり。毎日目にする空間だからこそ、素敵だと思える演出をして一日一日を大切にできたらい... (2020年 4月 8日)

東京アートアンティーク実行委員会は、本日緊急事態宣言が発表されることから、東京アートアンティーク2020を止むなく開催中止を決定いたしました。 大変残念ではございますが、皆様にはご理解いただきますようお願い申し上げます。 また、毎年楽しみにされている方、今年初め... (2020年 4月 7日)

ガレリアコミュニティスペースに於けるトークイベント及びコーディネート作品と写真の展示は中止となりました。なお、佐藤由美子氏のコーディネート作品をウェブ上で公開してゆく予定です。 シリーズ「生活の中に豊かさ(アート)を −ワンランク上のおもてなし」として、佐藤... (2020年 3月 6日)

4月20日ー4月25日予定していましたアートスペース繭での企画「野の花  野の壺  野の仏」展は中止となりました。神像、狛犬等、九州の熱いコレクターたちからの出品も予定していた繭とのコラボ展、皆さまに直接お目にかける機会がなくなりましたがホームページにてオンライン展... (2020年 1月 23日)

本展は延期となります。(日程未定) 公式ウェブサイトにて、前売り、通販を開催しております。 井上オリエンタルアート 日本橋 ホームページ   「わかりやすくて、うつくしい。」 ある蒐集家の「東洋古陶磁」コレクションを中心に。 いにしえの魅力、出逢いをあなたに。 手頃... (2020年 1月 22日)

小山硬 【寿富士】 サイズ6号 伊東深水 【ばら】 サイズ8号 加藤東一 【磐梯】 サイズ4号 松尾敏男 【牡丹】 サイズ10号 (2019年 3月 25日)

東京藝大を卒業したダブルイメージによる作品の近藤守、 花柄を中心とした作品の楚里勇己、 俯瞰による風景や道端の草花を題材とした作品の長澤耕平、 シンプルな構図に淡い色合いによる作品の安原成美の4 人による若手日本画展。 (2019年 2月 1日)