2022年 4月 13日 発行

今必要なのは、ビジネスパーソンが新しい世界の見方をみつける場

コロナ禍という変化のうねりの中で、論理的な思考だけでは進展しない問題をいかにして解くか、多くの企業やビジネスパーソンがその答えを模索しています。

 

その答えの一つとして2021年から始まった、

オフィスビルから最新の現代アートを発信する新たな試み「Art in Tokyo YNK」。


「TOKYO YNK」は、東京有数のビジネス拠点、八重洲・日本橋・京橋の頭文字をとって、(TOKYOYNK=トウキョウ インク)。

 

「Art in Tokyo YNK」で大切にしたいのは、共に生きる時代の、見えないけれど大切なものにアートで挑む若手アーティストたちとの出会いです。

  

そこで出会う新たな発見は、古くから京橋・日本橋を「アートの街」として再発見するきっかけになるかもしれません。

 

  

出展アーティストは、 

  • あおき さとこ(染色作家兼手書きデザイナー)
  • 飯島 秀彦(将来を嘱望される現役美大生)
  • 小林 繭乃(日本画家)
  • 三平 硝子(ガラス工芸作家)
  • Morita Manabu by WOOD(グラフィティアーティスト)
  • ayaka nakamura(抽象画家)
  • 谷敷 謙(立体アーティスト)

と多種多様な表現で、作品がオフィスビルに出現します。

 

選出されたアーティストは、四季彩舎とTOMOHIKO YOSHINO GALLERYが2021年にスタートした「京橋」を拠点とする現代アート専門プロジェクト「TOKYO CONTEMPORARY KYOBASHI」による一押しのアーティストたちです!

 

今一押しのエネルギー溢れる若いアーティストの作品から、視界が開けるような感覚を、ぜひ会場で味わってください!

 

 

(↑クリックして拡大)

 

 

「新しい世界の見方をみつける」Art in Tokyo YNK
 

会期 2022年4月18日(月)〜5月27日(金)

会場 東京スクエアガーデン

 

開館時間 10:00~19:00(最終日は18:00まで)

休館日 土日祝閉館

入場料 無料


地図:

https://goo.gl/maps/Ucro71BWyEXG7SGr7