「知を燈す丸善」として、今後も文化の発信に努めてまいります。

明治3年(1870)3月に誕生した丸善・日本橋店。
その中で大正15年より続くギャラリーは、絵画、陶芸、工芸、書など、著名な美術作品を数多くご紹介してきた歴史がございます。

また「書店の中のギャラリー」という特性を生かしてやなせたかし、安野光雅、山本容子など、本に携わる作家たちの作品も数多くご紹介してまいりました。

川瀬巴水 「東京十二題 五月雨ふる山王」 大正8年作

川瀬巴水 「東京十二題 五月雨ふる山王」 大正8年作

川瀬巴水木版画展

2019年4月24日(水)- 4月30日(火)
最終日は17時閉場

郷愁の日本風景を描いた最後の浮世絵師・川瀬巴水。近年人気上昇中で、良質な作品が入手困難になりました。このたび世界中から集められた作品の中から版元・渡邊版画店の目で厳選された30点余りの初期摺り版画を展示即売いたします。また、近年注目の小原祥邨(古邨)をはじめ巴水と同世代の新版画作品も展示即売致します。併せてご覧ください。

詳しくは渡邊木版美術画舗ホームページ http://hangasw.com/ をご覧ください。

 

《ギャラリートーク》

渡邊木版美術画舗・ 三代目 渡邊章一郎 

4月26日(金)・4月27日(土)

両日14:00~ 無料

過去の企画展・イベント

Google Mapで開く