「痕跡」2017 紙、アクリル 139×180 cm

「痕跡」2017 紙、アクリル 139×180 cm

片口 昇 展 -在るがままの世界を求めて- (終了)

片口の作品は独創的である。紙に黒のアクリルで円を塗り重ねるだけのものである。塗り重ねるなかから浮かび上がるものが作品で、作者自身の自画像でもある。

どういう風に見えるかは、見る人によってさまざまである。深遠にも単純にも、細菌の蠢きにも宇宙生成のエネルギーにも見えてくる、底知れぬ力を持っている。

最近では海外からの問い合わせも増えている。   —柴原睦夫

〒104-0031 東京都中央区京橋2-6-13 03-3561-2041 11:00 - 18:30 日曜・祝日