日本、中国、朝鮮の仏教美術、陶磁器、漆器等。
ジャンルにはこだわらず、ときめきを感じる事のできる物を 扱いたいと思っています。