仏教美術他、陶磁器、漆芸品、考古遺物等、古美術を広く扱っています。

神護寺経秩蝶金具(平安時代)

神護寺経秩蝶金具(平安時代)

木彫十一面観音像(平安時代)

木彫十一面観音像(平安時代)

MISE-nite展 (終了)

2022年10月12日(水)- 10月15日(土)
12:00 - 17:00

11の店舗で開催される11展覧会、
Autumn Art Week 2022 -MISE-nite-
に当店も参加して、仏教美術の小品などを集めて展示します。
おでかけいただけましたら幸甚です

  
www.kakei-jp.com

 
104-0031 東京都中央区京橋2-10-1 
03-3535-0733

Autumun Art Week 2002  at the 11galleries in 日本橋  京橋  銀座
MISE-nite (終了)

2022年10月9日(日)- 10月29日(土)

この秋、日本橋、京橋、銀座の11店舗で11の展覧会を催します。
それぞれのみせにて(MISE-nite)お待ちしています。

 期間 各店舗による

 
1 海老屋美術店 Ebiya Art
日本橋室町3-2-18
Tel.03-3241-6543
会期:10月9日(日)ー16日(日) 11:00ー19:00

 

「鉄ッちゃんッ古鉄ッちゃん!」
古今問わずッオモロな鉄の工芸ッ道具等々々ッ
海老屋独断の選抜にて集まりましたるッ
鉄のポチッと大集結ッ!!

 

2 東京上原永山堂 Uehara Eizando
日本橋3-8-9
Tel.03-3281-7501
会期:10月11日(火)ー15日(土) 11:00ー17:00

 

「古唐津」
伝来のさび道具、高麗茶碗や桃山の茶陶など扱っております。
今回は私自身も大好きな唐津を展示致します。

 

3 前坂晴天堂 Oriental Antiques Gallery Maesaka Seitendo
日本橋3-7-10 内藤ビル1階
Tel.03-3527-9595
会期:10月14日(金)ー18日(火) 11:00ー18:00

 

「~百花繚乱~古伊万里の世界」
日本磁器の誕生から約400年。世に良きものは数多あれど、肥前有田磁器は、今なお多くの愛陶家を魅了してやまない。
この度、日本橋の弊店にて、~百花繚乱~古伊万里の世界と題し、日本磁器を代表する、鍋島・古九谷・柿右衛門・古伊万里などの肥前有田磁器の精華を一堂に取揃え展示販売いたします。
是非この機会にご高覧くださいませ。

 

4 飯田好日堂 Iidakojitsudo
京橋1-14-2京橋アインスビル1階
Tel.03-3561-2033
会期:10月12日(水)ー16日(日) 10:00ー17:00

 

「実りの秋−秋の茶道具展−」
暑い夏を終えると色彩豊かな秋を迎えます
食欲の秋、読書の秋、芸術の秋……
様々なことに心が浮き立つ季節です
秋にちなんだお茶道具を揃えて皆様をお待ちしております

 

5 去来 Kyorai
京橋1-6-14佐伯ビル
Tel.03-3564-9370
会期:10月13日(木)ー16日(日) 12:00ー19:00

 

「Animals & Birds 展」
古代中国や日本、オリエントの古美術の動物を集めて展示会をいたします。
俑や埴輪、飾り金具などそののびやかなかわいい造形を楽しんでいただけたら幸いです。

 

6 花徑 KAKEI's Fine Japanese & Asian Art
京橋2-10-1
Tel.03-3535-0733
会期:10月12日(水)ー15日(土) 12:00ー17:00

 

「MISE-nite 展」
仏教美術の小品などを集めて展示します。
おでかけいただけましたら幸甚です。

 

7 冨江洗心堂 TOMIE SENSHINDO Co.,Ltd
京橋2‐7‐11 
於:ギャラリーくぼた 本館2階
Tel.03‐3563‐0005

店舗住所:新潟県糸魚川市本町2‐8 
Tel.025‐552‐0429
東京店:台東区花川戸2‐19‐5‐702
Tel.03‐6427‐6333

 

会期:10月10日(月・祝)ー16日(日)
10日(14:00ー19:00) 
11日ー15日(10:00ー18:00) 
16日(10:00ー14:00)

 

「古陶と文字の美展」
古信楽を中心とする六古窯、唐津や志野、織部などの茶陶、李朝をはじめとする民藝陶などに良寛を中心に芸術家の書を蒐めて、京橋の「ギャラリーくぼた」にて開催致します。是非、御高覧ください。

  

8 林田画廊 Hayashida Gallery
京橋2-6-16
Tel.03-3567-7778

ミセニテスペシャルプレビュー:10月15日(土)
本会期:10月20日(木)ー29日(土) 10:30ー18:00

 

「現代作家が描くクレパス画展」
1925年(大正14年)にクレヨンとパステルの長所を合わせ持った画材「クレパス」が日本で初めて開発されました。
以後多くの作家たちに愛用されまもなく100年を迎えようとしております。この度、株式会社サクラクレパスの全面協力の元、25名の作家が描いた作品が大阪、鳥取、東京を巡回いたします。

 

9 繭山龍泉堂 MAYUYAMA & CO.,LTD
京橋2-5-9
Tel.03-3561-5146
会期:10月14日(金)ー23日(日) 11:00ー18:00(初日20時迄)

 

「唐三彩」
「唐三彩」と題した本年の展観は、隋から盛唐時代の多種多様な作品によって、中国陶磁史に燦然と輝く唐三彩の世界をご覧頂ける内容となっております。繭山龍泉堂店舗に隣接する「RYUSENDO GALLERY」にて開催いたします。

 

10 池内美術 Ikeuchi Fine Art co.,Ltd.
京橋2-12-1
Tel.03-3562-5080
会期:10月11日(火)ー15日(土) 11:00ー17:00

 

「Ikebi Art Fair 2022」
流儀に拘らない茶道具を中心に古美術を扱っております。

 

11 古美術川崎 art kawasaki
銀座1-24-5東ビル1F
Tel.03-6264-4150
会期:10月13日(木)ー18日(火) 11:00ー19:00

 

「南蛮蒔絵展」
16世紀半ば、日本に来た南蛮人が日本の蒔絵技術に魅了されて日本の蒔絵師に注文した南蛮蒔絵。
空間を埋め尽くす装飾傾向は西欧人の好みに合わせたものです。
日本の工芸技術と西洋の嗜好が合わさった南蛮蒔絵の魅力を少しでも楽しんで頂けたら幸いです。