2022年 4月 6日 発行

「浅田政志 ぎぼしうちに生まれまして。」

「ぎぼしうち」ってご存知ですか?

 

この地域ならではの言葉なのですが、「擬宝珠」の「内側」のという意味で、

日本橋、京橋、新橋の3つの橋の内側のエリアのことを指します。

 

実は、江戸時代に擬宝珠が存在したのは、この3つの橋だけだったんです。

 

擬宝珠が付けられたのは、幕府によって管理されていることの証でした。

 

その「擬宝珠内(ぎぼしうち)」にいることがステータスとなって、商いなどさまざまな面で江戸文化が栄えました。

  

そんな背景を持つこの地域で々暮らし続けてきている方に焦点を当てた写真家 浅田政志の展覧会が開催されます。

 

浅田政志氏は、著書「浅田家」「アルバムのチカラ」を原案とした、二宮和也主演の映画「浅田家」でご存知の方は多いかもしれません。

(ご覧になっていない方はぜひレンタルしてみてください!)

 

その浅田氏が自ら街を歩いて出会った「ぎぼしうち」の人々と、語り合い日常を写真におさめています。

 

カップヌードルをすすっている男性の写真は、カップヌードルがこの世に登場した若かりし頃、カップヌードルを食べながら銀座のホコ天を歩くのが流行していたエピソードを元に撮られているとか。

 

背景を知れば知るほど面白いですね!

 

場所は、BAG -Brillia Art Gallery- 。去年オープンしたギャラリーです。

 


また、ゲストアーティストとして、歌人の伊藤紺とmagmaを迎え、言葉と立体作品で展示を構成するそうです。

 

写真と短歌と立体!

どんな展示になるのでしょうか!

楽しみにしています。

 

「浅田政志 ぎぼしうちに生まれまして。」
 

会期 2022年4月9日(土)〜6月5日(日)

会場 BAG -Brillia Art Gallery-

 

開館時間 11:00~19:00

休館日 毎週月曜休館(月曜が祝日の場合は翌日の火曜へ振替休)

入場料 無料


地図:

https://goo.gl/maps/UxFGiBAaMhRcdbew8

 

公式ウェブサイト

https://www.brillia-art.com/bag/