「知を燈す丸善」として、今後も文化の発信に努めてまいります。 明治3年(1870)3月に誕生した丸善・日本橋店。その中で大正15年より続くギャラリーは、絵画、陶芸、工芸、書など、著名な美術作品を数多くご紹介してきた歴史がございます。 また「書店の中のギャラリー」という...

金石、考古遺物、仏教美術、古陶磁等を取り扱っておりますが、中でも金工は力を入れたい分野です。また、谷中安規の創作版画も扱っております。不定休となりますので、お問い合わせくださいませ。

創業時より画廊企画のみにこだわり、須田國太郎、斎藤清など30年にわたり継続してご紹介しています。 少数精鋭ながら、現代作家にも力を入れております。 【主な取り扱い作家】 須田國太郎(油彩) 中尾彰(油彩) 小貫政之助(油彩) 丹阿弥丹波子(版画) 宮本典刀(版画...

1960年 上野池之端・不忍池端にて開廊。(名称の由来はここ から) 1979年、東京駅八重洲口に移転。 2012年9月、日本橋(日本橋高島屋南出口前)に移転。 ~現在に至る。 「靉光展」、「池田満寿夫の最初の個展」などを開催、その他 長谷川利行、中村正義、斎藤真一、駒井哲郎なと...

2016年2月、Sansiao Galleryとしての新たな航海が始まりました。現代アート、中でもポップアートの先駆者的な役割を果たしてきたGalleryとしての30年の歴史と経験を生かし、常に新しいものを取り入れ、日本はもとより世界で通用するアート作品をご紹介・ご提供していきます。東...

 銀座かわうそ画廊は2013年より 今を生きる現代作家、新進作家を意欲的に紹介しております。 ジャンルは日本画、洋画、版画、現代アートと多彩な表現方法にてこれから活躍する新人作家からベテランまで年間約50本の企画展を開催し、お客様と作品のご縁をつなぐことに力を注いて...

1989年に銀座1丁目に開廊以来、個性化が約作家を座標に企画展を開催してきました。 2006年、現在の京橋2丁目に移転をし、若い現代美術の作家を前面に、グローバルな視点から国内外のアートフェアを中心にジャンルを超えた展開をしています。

本日よりチャリティ入札会の出品作品をご覧いただけるようになりました。 まだ作品が掲示されていないところは届き次第随時アップさせていただきます。 現段階では、 翠波画廊さんは、5点の版画(ピカソ・藤田嗣治・奈良美智・草間彌生・村上隆) 古美術 花徑さんは、阿蘭陀孔... (2018年 3月 26日)

【入札期間】第1期:16日~21日(締切・開封21日)、第2期:23日~28日(締切・開封28日)  ピカソ・藤田嗣治・奈良美智・草間彌生・村上隆 版画  ピカソ 「リトグラフIV:裸婦を描く画家」1964年 リトグラフ最低入札価格:160,000円 藤田嗣治 「ヴェールを被った聖母(... (2018年 3月 26日)

大正から昭和初期に活躍した鬼才、谷中安規の創作版画を展示します。 (2018年 2月 10日)